脱プラへの新素材

 

こんにちは!照子です。^^

 

いつもお読みいただき、ありがとうございます。

 

昨年10月に「プラスチックに関する海外への動き」というタイトルで

 

投稿しました。

 

その後も海外でも、大手スーパーがレジ袋の配布をやめるとか、

 

海洋プラスチック問題の動きはどんどん進んでいるようですが、

 

1月9日の日経新聞の記事では、脱プラへ向けての新素材のことが

 

書かれていました。

 

廃プラ排出国は、中国に次いでインドネシアが2位ですが、

 

インドネシアのある青年が留学から帰国して、

 

故郷の海がプラスチックゴミで汚染されていることに胸を痛めて、

 

仲間たちと会社を立ち上げ、海藻で作った包装紙や袋、

 

食べられるアイスクリーム容器などを作り始めたそうです。

 

量産化も検討中とのこと。

 

技術だけでなく運営システムも評価されて、

 

国際ビジネスコンテストでも入賞しているとのことです。

 

他にも日本でも新素材の開発は進んでいるようで、

 

分解性のある素材が作られ始めているようです。

 

インドネシアの会社も、始まりは、故郷の海をきれいにしたい、

 

という切なる願い、故郷の海への愛だったと思います。

 

どんな技術も、動機が愛であれば、環境、生物、

 

みんなのためになると思います。

 

そして、動機が愛であれば、不可能と思えるようなことも

 

可能になっていく、希望が見えると思いました。

 

地球がこのまま汚れていいわけがない、と誰もが

 

思っていると思いますが、その気持ち、思いをアイディアにしてみる、

 

小さなことから始めてみる、周りの人に呼びかけてみる、、、

 

世界のいろいろな活動を見ても、

 

始まりは小さくても同じ思いの人が集まっていくことで、

 

一つの大きな動きになっています。

 

それが愛から始まっていれば、必ず道が開けると思います。

 

私たちの故郷は地球という星で、海は世界中とつながっています。

 

みんなの故郷、地球のいのちを愛しながら、愛がベースとなる社会を

 

目指していきたいと思います。

 

 

照子

愛と感謝を込めて∞

 

 

人類の幸福に重要なもの?

こんにちは、杜和です。^^
新年は一年の幸福を祈願する初詣に始まりますね。

全ての命は幸せになるために生まれてきたと言われています。
その人類の幸せについて国連は、
「地球上の生物と人類の幸福に重要な森林に対する意識の向上」
が必要と揚げています。
人類は自分達の幸福に重要な森林をどんどん減少させてしまっています!
地球は人類が幸せになるための星として宇宙に誕生したことを
忘れてしまったのですね。

森を守ることは、地球上の全ての生き物を守ることと、
愛をもって森林再生を続けている方たちがいますが、
減少に歯止めがかからないのが現状のようです。

でも、植林をする人々は皆、笑顔だそうです。^^
木を慈しみ、自然の一員として純粋な歓びを感じるから。
そして、人類と地球のすべての命が調和し、
その命を輝かせ幸せになることを信じているからでしょう。

日本人は古代から、自然に畏敬の念を持って、
自然がもたらす恵みへの感謝の気持ちで、みんなで力を合わせ、
思いやりをもって、世界と調和して生きてきました。
今、和のこころのように一つの意識で繋がっていけたら
調和した新しい、人類の、地球の、
幸福へと向って舵をとっていけるのではないでしょうか?

前回の真紀さんのお話しの明治神宮は、
神様に鎮座していただきたい永遠に続く純粋な森が、
敬う人々のこころ、その想いによって創られました!

一人ひとりのこころの中心にある想いが一つに成ると
とても大きな動きとなってその想いを成し遂げることができます!

アセンションとは意識の進化。
みんなが思い描くわくわくする幸せへの意識の進化で、
地上の命全てと繋がっている宇宙船地球号の一員として、
みんなで幸せに向って舵をとっていきましょう!